2017年02月08日

練馬「ひょうたん」

さて二軒目。
どうしよっかなーと外から覗いていたら、「美味しいですよー」と出勤して来たお姉さんに声かけられてそのまま入店。
前から存在は知っていたけれど、初めての入店。
怪しい店だなとは思ってたけど、ちょいちょいメディアに出るようになっていたので、心理的ハードルはだいぶ下がっていた模様。
タイ料理で立ち飲み屋という不思議なお店。
しかも個人経営。
ここと、江古田にも支店があるらしい。

初めてのお店なので大人しく。
カウンターを開けてくれたのでそこに陣取る。
初めての注文は目についた金宮ハイボール。

D44A479B-2E8E-490B-BFD9-EF0CDCDE6A55.jpg

肴は大皿に盛ってある奴から選ぶ方式。
野菜類が食べたかったので、茄子の炒め物。
タイ語の名前が付いていたけれど覚えられず。
カウンターの向こう側のお姉さんもタイ人。
もっと「タイ!」って感じのクセのある味を想像していたけど、思ったより日本人の舌に合う味付け。
日本向けにしてるのか、本場タイの味は案外日本人の舌に馴染みいいのか。

注文二品目はタイのソーセージ。

CD94E799-F318-4DBD-99B8-5984DC0BF446.jpg

真ん中にピーナッツを乗せる盛り付けが斬新。
これは多少癖があるが十分日本人好みの味。
もっとタイっぽいのカモーンと思ったが、これはこういうものなのかもしれん。

四文屋でさんざ飲んで来たので一杯二品でお勘定したら「またゆっくり来てください」と店主に声をかけられた。

某取材記事で読んだけど、ゆくゆくはタイに骨を埋めたい的なことを語っていたような気がする店主。
日本にいらっしゃる内にまた来ようと、決心するのであった。
posted by ちえ at 14:16| Comment(0) | -居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

練馬「四文屋」

数ある四文屋の中で、やはりここが一番落ち着く。
何が落ち着くって、やはり店員の客あしらいの良さだろう。
それほどあちこちの四文屋に行っている訳ではないが、よそで飲むと探してて「あ、四文屋」と思っても、「ここに入るんなら次回練馬の四文屋でお金を落とそう」と思い直すくらいには練馬の四文屋が好きだ。
そして今日も、忙しくしながらも気持ち良い接客を求めて、四文屋に来てしまうのだ。

33227DE0-ECE6-459E-A116-567FA9D68A5B.jpg
四文屋に来たらこれ。金宮梅割り。

024B3888-639B-461F-9B5B-B545AEF4E31B.jpg
最初の注文は冷製三点盛りと煮込み豆腐。
冷製三点盛りは、肉食ってるー!感がハンパない。

7BEDF6A0-8D4A-4AD5-87EC-35DD662657E5.jpg
胡麻塩モツ
前は生だったけど、炙っても良し。

7E9858EF-18B6-4A7C-B036-CA3F6A5604B0.jpg
ぽんじり
思った以上に肉肉しい!

D87EFB93-C38D-490F-B57A-C99686EB78AF.jpg
キムチ!
白菜キムチのつもりで頼んだら、モツのキムチ漬けが来た。
だが、これもいい。


金宮お代わりしてお会計は1890円。
金宮梅割りはストレートの金宮焼酎に梅風味の何かを入れた飲み物。
梅は果汁0パーセントの風味付け。
割ってる訳ではないのでアルコール濃度は25パーセントのまま。
かなり効くゼィ。
1人三杯までしか飲めまへん。
酔いすぎちゃうからねー
posted by ちえ at 14:07| Comment(0) | -居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする