2017年03月27日

1000文字の記事を目指して

​1000文字

原稿用紙にして2枚半。区切りとしてはいい文字数なのかもしれない。最近は一つの記事を三つに区切って書くことにしているが、今度は文字数も気にしてみようかと思う。目標は1000文字。そのために、「TEXT EVER」というアプリを愛用している。Evernoteのアプリなのだが、動作が軽快で文字数が表示される。これが一つの目安となるのだ。一区切り300文字も書けば、だいたい1000文字に達するはず。あとは水増しにならず、いかに濃い内容をかけるかだ。1000文字程度で水増しになっていてはダメな気もするが。


TEXTEVER

自分は文書の管理などを全てEvernoteで行なっているが、その前の文書入力はTEXTEVERで行う事が多い。有料アプリだけど、その価値は十分にあると思う。今は840円だけど、タイミングがよければ割引になってるかも。


1000文字は通し(笑)

無造作に書き進めて見たけれど、500文字も行かないでやんの。コラムニストの道は遠いね。うん。がんばるよ。

posted by ちえ at 08:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーブレイク

会社に来て、まずすることは一口のコーヒー。これで気持ちを切り替えます。ドリップ式のコーヒーサーバーがあるので、コーヒーとお茶はいつでも飲み放題。これはありがたい。
​カレー屋のコーヒー
​そういえば昔、神保町のカレー屋で食後にほんの一口のコーヒーを出された事がある。「なんだよ。ケチケチすんなよ」とその時は思ったが、今だとわかる。忙しいランチタイムに長々とコーヒーを飲まれては店も迷惑だしこっちもそんな悠長な時間はない。一口のコーヒーでサッと気分を変えて「ごちそうさん」できた方が、双方にとってメリットというものだ。少ない量のコーヒーは職人の町ならではの気遣いというものであろう。

しばらく神保町にも足を運んでない。
平日休み取ってふらりと出かけてみようか。
ランチタイムで忙しいカレー屋でもいいが、昼下がりの蕎麦屋で一杯やるのもまたいいな。
posted by ちえ at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の雷

どちらかというと、春の雷か。

どこか遠くで雷が鳴っています。
予報でもしっかり雷マーク。
雪マークも出てるから同時に鳴ったら面白いのに。

「剣客商売」にそんなタイトルの話があったと思ったけど、あれは春の嵐……。
posted by ちえ at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つがもねえ

​「つがもねぇ」
モヤモヤさまーず2でお馴染みのこのセリフ。主に大竹さんが歌舞伎メイクをした時に発します。なんとなく古い言葉っぽいけど、歌舞伎では聞いたことないな、と思っていたら助六のセリフにありました。さすが大竹さん。最初に発した時も剥き身隈でしたし、もしかして助六を見たことがあるのかもしれません。

​どういう意味?
​気になって意味も調べたのですが、これが掴み所がない。とあるサイトでは「途方も無い、とんでもない、ばかばかしい」「たわいない、とるにたりない」「はなはだよい」とあります。時代によって意味合いが微妙に違いそうだし。そう意味でこの言葉をチョイスした大竹さんの言語感覚はさすがの一言です。

​掛け持ち
​そういえば、今月、国立劇場で「お谷」を勤めた雀右衛門丈は歌舞伎座の「助六」で揚巻との掛け持ち。こういう事ってあるんですね。「岡崎」が終わったら大急ぎで顔を落として車でGO!ですかね。いやはや、歌舞伎役者さんは大変だ。



posted by ちえ at 06:48| Comment(0) | -歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪予報

​寒い朝
​雨がゴウゴウと降っております。気温は3度だけど、それより寒く感じる。今朝は布団から出るのが辛かったです。何気なく天気予報を見たら雪予報も出てる。そこまではならないでしょうが、そのくらい寒いということですね。一昨日の伊賀越道中双六、「岡崎」の場面は雪の中でした。寒中に赤子を抱いて野宿をせねばならない気持ちはいかばかりでしょう。そんなことをしたら子供が死んじゃうと思うのですが、昔は普通だったのでしょうか。村には流れ者を留めてはいけない、軒を貸すことも許さぬという雰囲気が漂っていました。あれを見て、江戸時代の人は違和感を覚えなかったということでしょうから、ああいったものだったのかもしれません。

​午後には止みそう
​この雨も午後には止んでくれそうです。帰りは傘の心配はなさそう。気温も8度位までは上がるみたいです。昨日と同じ位までは上がりそう。寒さの心配もしなくてよいですかね。

天命思い知ったるか〜!
「伊賀越道中双六」は敵討ち物です。敵討ちの醍醐味は、艱難辛苦に耐え忍んだ主人公一派が、遂に敵に留めを刺すところ。決め台詞は「天命思い知っるか〜!」で、首に刃を突き立て頸動脈を跳ねます。見取りだと大詰めは滅多に掛からないので、通しで見た一昨日の「伊賀越道中双六」では、存分に堪能させていただきました。歌舞伎のよくある台詞で好きなセリフは「天命思い知っるか〜!」です。
posted by ちえ at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

池袋を彷徨う

​日曜夜のお散歩
​無目的に池袋に出てフラフラとお散歩。
本屋に寄って気になる居酒屋の前まで行ったりして。雨が降るなかフラフラと。

​回転寿司で腹を満たす
​結局、均一料金の回転寿司で腹を満たす。寿司はうまかったし少しテンションも上がった。ここまでノンアルコール。

​そこからもうひとふらり
​ああ、このラーメン屋なくなったんだ。一杯やろうかと思った店は日曜休みか。日本酒の安いあの店、席は空いてるけど予約でいっぱいなんだろうな。とりとめもなく考えながら、駅まで戻って電車に乗る。地元で一杯、飲んで帰ろうか。
posted by ちえ at 20:12| Comment(0) | -居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いどころなくて街を彷徨う夕べ

1日家にいるとダメですな。酒を求めて夜の街に出ました。
​​​雨降りなので、1日中家にいました。なんだかダメですな。酒を求めて酒場放浪の旅に出かけます。

​目指すところは、どこなのだろう。
​駅前辺りでサクリと飲めれば良いのだけれど、わが町にそういう店がないのです。いやあるにはあるのですが、チェーンだったりお酒と肴のバランスが悪かったり。とかくここだというお店を思いつかず、電車に乗りました。

​寿司屋の持ち帰り寿司に惹かれつつ
​二つ隣の駅で下車。大衆な酒場があったとは思ったのですが、入り口を見てパス。思ったより高そう。近くの寿司屋で持ち帰り寿司の安さと豪華さに惹かれるも、やはり今日は外飲みの気分だと諦め再び電車にのる。
さて、今夜はどこで腰を落ち着けるのだろうか。
posted by ちえ at 18:15| Comment(0) | -居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の日には昼下がりに一杯「会津娘 芳醇純米酒 春泥 高橋庄作謹醸」

もう三時も過ぎたし、そろそろ飲み始めてもいいかなと、一杯やりだしてしまいました。
本日の第一飲酒はこれ。

会津娘 芳醇純米酒 春泥 高橋庄作謹醸

日本橋ふくしま館MIDETTEのイベントで買ったお酒です。
春泥は福島県猪苗代町で作っている無農薬栽培米のブランド。
このお酒は、そこで造った五百万石というお米を使用したお酒です。
開栓してしばらく経ちますが、その味わいあくまで芳醇!
こってりとした食べ物によく合いそうです。

こってりした肴が無かったので
代わりに冷奴(笑)
ぜんぜんこってりしてないやん!と思われるでしょうが、米油を足してこってり感を増しております。
これは池波正太郎先生もやっていた食べ方。
あ、あれは胡麻油だったかな。

IMG_4584.JPG

米油?
米油は、米ぬかから抽出した食用油です。
サラリとした感じで癖が無く、サラダオイルの代わりとして使用できます。
わが家では、炒め油として重宝しております。

酸化にも強く、揚げ物もカラリと揚がり、油切れもいいとか

posted by ちえ at 16:35| Comment(0) | -日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「会津春泥」福島県猪苗代町の無農薬米

昨年買った「会津春泥」を今朝炊きました。
「会津春泥」は、あいづ自然栽培農家の会のブランド米です。
品種は「亀の尾」。元は食米ですが、今は主に酒造りに使われています。
精米日は昨年の10月26日。本当はもっと早く食べてあげなければいけなかったね。
1kg900円とお値段はちょっと張ります。普段使いには難しいかな。

IMG_4579.JPGIMG_4581.JPG

美味しい!
炊き上がりふっくら。もっとパサパサとしてるかと思いましたが、粘りも甘みもしっかりあって美味しかった。
いいじゃん。亀の尾。もっと普及してくれと思うけど、作るのに手間がかかるみたいです。

お酒もあるでよ
こちらは、「会津娘」を醸す高橋庄作謹醸さんで、「春泥」の五百万石を使って作ったお酒。
お酒は基本買い上げで、「春泥」さんのイベントなどで販売するそうです。
IMG_4570.JPGIMG_4577.JPG


お米もお酒も、日本橋ふくしま館MIDETTEで買いました。
イベントの時なので普段の販売はしていません。
次はいつかな〜♪






>会津娘 純米酒 1.8L【福島県】【日本酒、五百万石、中辛、抜群の味、冷からぬる燗】【贈答品】

価格:2,667円
(2017/3/26 15:06時点)
感想(1件)



posted by ちえ at 15:06| Comment(0) | -会津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子殺しをいかに納得させるか「通し狂言 伊賀越道中双六」国立劇場2017年03月

「岡崎」の子殺し
義弟の敵討ちを成就させるため、まだ乳飲み子のわが子を殺し庭に投げ捨てる。
あらすじだけを取ってみると、なんとも酷い芝居である。
「伊賀越道中双六 岡崎」を上演するためには、現代人の観客にこの場面を納得させねば成り立たないであろう。
さもなくば、いやな気分だけが残って幕、ということに成りかねない。

吉右衛門の「唐木政右衛門」
今月の国立劇場「通し狂言 伊賀越道中双六・四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場」において、吉右衛門の表現は成功していたと思う。巳之助を刺し殺す瞬間に残酷さや哀れさは感じず、「そうするしかない」という必然性を感じた。後付で思えば、巳之助はただ殺されたのではなく、「寺子屋」のように敵討ちを成就させるために我自ら犠牲になった、乳飲み子ながら孝行を果たしたのではないか。そう思わせるだけの、説得力のある「唐木政右衛門」でした。

戦後四回目の「岡崎」
名作と言われながら、同じ伊賀越道中双六の「沼津」と違って上演回数が極端に少ないのは、やはり観客も演者もこの政右衛門の行動に共感ができないからでしょう。しかし今回の吉右衛門の演技で、なにかヒントのような物を感じた気がします。今度は是非歌舞伎座で、娯楽として歌舞伎を見に来ている見物衆の心を揺さぶったもらいたいと思います。


二世 豊竹古靱太夫(山城少掾) 伊賀越道中双六 岡崎の段 未復刻名演集

新品価格
¥3,915から
(2017/3/26 14:07時点)


posted by ちえ at 14:02| Comment(0) | -歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

星亮一著「敗者の明治維新 荒川勝茂の日記」を読んでいます。

荒川勝茂という人物
白虎隊や「八重の桜」で有名になった八重の事はしっていまいたが、この人物は初めて知りました。
会津藩家老・北原采女の臣であり、北原に従って京にも上り、会津戦争にも従事した後、明治42年まで生きました。素晴らしいのはその詳細な日記。篭城戦中も書き続け、男装して戦った八重の事も出てきます(本文中は八重子)。明治になって書かれた「明治日誌」全4巻は会津人の明治時代の記録として大変貴重なものだそうです。


凄惨を極めつくす会津戦争
今は、III「血の海」を読んでいます。
II「戊辰戦争」は痛快でした。薩摩軍の不遜な態度に怒った仙台伊達家が味方に着き、越後も同盟を結ぶ。ここに奥羽越列藩同盟が成り、冬まで持ちこたえれば南国育ちの薩摩軍を撃退できる。「この戦、勝てる!」と、その後の敗北を知る現代人も思い込める要素がそろっていました。それだけに、白河での敗退以後、後手後手に回り追い詰められていく会津藩が不憫でなりません。そして篭城戦。荒川勝茂は決死隊として城外で戦うことも多く、打ち捨てられた老若男女の死体など、多くの悲惨な場面を目撃し、見事な筆致で日記に残しています。興味深いのは会津田島の記録で、薩摩軍の乱取り対抗するように農民方も組織的に落ち武者狩りを行い、殺して金や装備を奪うということがなされたということである。これは、特に薩摩軍が、農民が、乱暴だった残虐だったという事ではなく、戦争とはそういうものだった、という事なのであろう。最近の研究で、戦国時代は勝者の乱取り、略奪、人身売買は当たり前だったそうである。平時には忘れられていたことも、幕末の動乱と戦場という極限状態の中では、そういう気風が復活する、ということであろう。

篭城戦で、まだIII
全9章。章立で、あと6章も残っています。降伏・敗戦・斗南藩での生活。明治に入ってから、会津人として苦難の歴史が始まるといっても過言ではありません。章の題名だけをみても、まったく幸せな瞬間を見出せません。だが、自分は同じ会津人として、先人の苦労をもう一度見つめなおす時期に来ている、そういう時期に自分がいるのだなと思い読み進めようと思います。





敗者の維新史 (青春文庫)

新品価格
¥756から
(2017/3/25 08:59時点)




posted by ちえ at 08:59| Comment(0) | -本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

三島町・会津工人まつり、日程決定!

こんなのがあった!会津ふるさと工人まつり!
​三島町に、三島町生活工芸館という施設があり、常時編み細工の工芸品の展示販売をしているそう。んー、でも遠いなぁ、なんかイベントで出てこないかなと思って見ていたら、「会津ふるさと工人まつり」というイベント開催のお知らせがありました。あ、でも、場所は三島町か(笑) 通常開館の時に行くよりは、良いものに出会えるかな。

本年の開催は、6月10・11日(土・日)だそうです!

東京から行くとすると、東北新幹線で郡山回りか、上越新幹線で浦佐回りか、東武鉄道で会津田島の日光口から攻めるか!​です。
当日は大変混み合うので、自家用車は全く勧めません。公共交通機関を利用しましょう。
おいらは当然、リバティ会津に乗って会津田島から攻めかかります!その前に、旅費を捻出せねばいけませんが……。

一泊二日だとちょっと忙しいなぁ。少し計画練り直すか。
posted by ちえ at 14:22| Comment(0) | -歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米研ぎの時の水切れの良さを考えると、米研ぎ笊が欲しくなる〜天然素材米研ぎ笊考

炊きあがりが悪いのは研ぎ方に問題があるのかも!?
米研ぎ笊を探しています。
今までプラスチックの笊を使って米を研いでいたのですが、これが割れるんですよね。炊く前は大丈夫なんですが、炊くと割れて形がグズグズになってしまう。最初は米のせいかとも思ったのですが、色々調べているうちに、笊の目に米が当たってヒビが入ったり割れてしまう事もあるんだとか。「やめてください」とはっきり書いてあるサイトもありましたね。なるほどそれは気づかなかった。今は笊をやめてプラスチックのボールで研いでいますが、天然素材の笊ならそんな事も無いんだとか。使う前に水を含ませると素材が膨らんで米への当たりが柔らかくなるのだとか。野菜の水切りにも使えるし、やっぱり欲しいなぁ。

川越の麻彦商店さんで見つけたのは3,700円くらい
こういう時に伺うお店があります。川越市内の麻彦商店さん。本業は蒸籠の製造販売らしいですけど、木製品の小売もしています。なんと言っても麻彦商店さんのいいところは市価に比べて安い事。不当にダンピングしているわけではないと思いますが、日用遣いで使って欲しいという思いから、生産者がそれほどの値段をつけないのだそうです。変にプレミアム感を煽って高値をつけられるのは困るけど、あまり安い値段で生産者が生活できないのはこまるなぁと、いつもジレンマに陥ってしまいます。先日伺った折に見た値段な4,000円〜5,000円程度。大きさにもよりますが、米は一回に1合しか炊かないのが殆どなので、一番小さいサイズで十分。むしろもう一回り小さくてもいいくらいです。その時に在庫があった一番小さいサイズが3,700円。うーん、安い! その場で買っても良かったのですが、この時には買わず。でも手頃な値段だし、買っちゃおうかなぁ。

実は別に欲しい米研ぎ笊がある!
その場で買わなかった理由の一つに、実は既に欲しい米研ぎ笊を見つけていたから、というのがあります。
それは……

福島県三島町のマタタビ細工の米研ぎ笊!

そういえば何年か前に、福島県の物産イベントで見た事があったのです。マタタビは竹よりも当たりが柔らかく、より優しく米が研げるんだとか。とある通販サイトで商品は見ましたが、値段も8,000円と出せない値段じゃない。ただし、品切れ中!できれば実物を見てから買いたい。東京だとどこで買えるの?物産展とかに出品はしないの?とちょっと物欲がグルグル回っているわけです。思い切って、三島町まで行っちゃうのが早いのかなぁ(笑)地図を見ると柳津町と金山町の間が三島町になってるからそんなに大変でもないのかも。通信販売でもいいけれど、やはり一度実物を見て買いたいよね。

今年の会津旅行に、三島町行きも組みこもうかなぁ。



>【福島奥会津編み組細工】マタタビ米研ぎざる 大 5-6合用【あす楽対応】【RCP】

価格:8,640円
(2017/3/25 09:21時点)
感想(0件)


楽天市場でも見つけたけど、5-6合はでかすぎるなぁ。


posted by ちえ at 13:56| Comment(0) | -土鍋炊飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙大怪獣ギララ・1967年松竹

宇宙大怪獣ギララ!現る!
昨夜図らずも、映画「宇宙大怪獣ギララ」を見る。テレビをつけたらやっていた、程度のノリで、すでにストーリーも終盤であった。しかし、存外に引きつけられ、最後まで見続けることになってしまう。以下若干のネタバレ。

鮮やかな特撮
​特撮が実に鮮やかだったのだ。途中からだったので細かいストーリーなどはよくわからなかったが、本編と馴染みのいい鮮やかな特撮にまず目を奪われた。遠景で小さくなっていくギララと人間のカットなど、屈指の出来ではなかろうか。

爽やかな結末
​​そして結末が実に爽やか。上質な恋愛映画を見た気分にさせられる。「ジャン!」という音で音楽が途切れ「終」という文字が出るのも斬新。これは、頭から改めて見直したいて見たい気にさせられるた。


昔の特撮怪獣映画は今の目で見ると「さすがになぁ……」と思わされる事が多い。だが、違った視線で改めて見ると、再評価できるのではないかと思った。
といあえず、もう一回「ギララ」だ。







宇宙大怪獣ギララ [DVD]

新品価格
¥1,561から
(2017/3/25 09:33時点)




あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 宇宙大怪獣ギララ [Blu-ray]

新品価格
¥2,454から
(2017/3/25 09:33時点)


posted by ちえ at 08:17| Comment(0) | -映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然砥石の真実やいかに!

包丁研ぎをしたくって、国産の砥石の事を調べ中。
そんな高いのはいらないけれど、やっぱり国産の物を使いたいよね。
んで調べたら、新潟のとある販売店では2000円代から出ている。
思ったより安いぞ!?
でも別のサイトでは天然砥石は昭和40年代から減少の一途とも書いてある。
だったらこんな値段じゃ出せないような気もするが。
うーん。これはもう少し調べてみる必要がありそうだ。

posted by ちえ at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

リバティ会津

今年の会津行きはこれで行こうと思っています。
「リバティ会津」
東武浅草と会津田島を結ぶ、特急列車です。
さて料金はどのくらい掛かるのかとか、予約方法はどうすればいいのかとか調べているのですが、これが中々判りづらい。
毎度思うのですが、鉄道各社のインターネット対応って、そうとうわかりづらいと思います。
イマドキ窓口まで行って鉄道の予約をする人がどれだけいるのか。
ネット経由の予約はもっと分かりやすくした方がいいと思うの。
リバティ会津は来月の21日が初めての運行なのですが、まだ11席開いてる様子。
えー!ほんとか!?
そういうのも含めてネット経由での予約はわかりにくい。
なんとかして欲しいものです。


るるぶ会津 磐梯 福島'18 (国内シリーズ)

新品価格
¥918から
(2017/3/25 09:38時点)


posted by ちえ at 23:59| Comment(0) | -会津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おんな酒場放浪記「会津若松・ぼろ蔵」

お店も聞いたことあるし外観は見たことあったけど、「高そうだな」と思って入らなかった店。
でも、昨日の放送見たらそうでもないね。
夕べの(平成29年3月22日放送)のおんな酒場放浪記は、会津若松にある「ぼろ蔵」さんでした。
その名の通り蔵を改装してお店にした店で、新しいのかなと思っていたけれど、なんと30年の歴史! そんなにやってるお店だったのか。
有名店はつい敬遠しちゃうんだけど、やはり自分の目で確かめに行かないと行けないね。
次回会津訪問の際にはお邪魔することに決定しました。
これで有名になって予約必須の店になっちゃわないといいけど。最初から有名店だから、そんなに変わらないか。
posted by ちえ at 08:02| Comment(0) | -居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

今夜の「おんな酒場放浪記」は「会津若松・ぼろ蔵」!

まもなく始まります。
実は、「ぼろ蔵」さん、うかがったことないんですよ。
会津若松市で飲むときは、つい同じ店ばかり行ってしまうんですけどね。
今年は、新規開拓しようかな。
東武浅草から会津田島まで、新型特急も走りますしね。
東武浅草から会津若松まで、新型特急走らせればいいのに。
posted by ちえ at 21:55| Comment(0) | -会津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「一生青春特別純米」二日目

日本酒って、一日目より二日目の方が美味しいって知ってます。

まあ、旨い不味いは好みですけど、たった一日でも空気に触れることによって熟成が進んで味が深くなるのです。
開栓したては「固いな」と思っても、吞み進めていく内に「柔らかく」なって行くこともあるのです。

というわけで、「一生青春 特別純米」開栓二日目です。
初日でも十分美味しかったけど、二日目は味が開いてより美味しくなってます。

やあ、今夜も酒が進んでしまう。

>【日本酒】【特別純米】曙酒造 一生青春 特別純米 一升(1800ml)

価格:2,451円
(2017/3/22 06:22時点)
感想(0件)




posted by ちえ at 21:50| Comment(0) | -日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曙酒造「一生青春 特別純米」

昨夜買った酒。
一生青春は大吟醸クラスしか見たこと無かったから、このスペックは驚いた。

D1A40AA5-1664-49B4-9263-F2FC86438CAA.jpg

しかも、一升2370円(税抜)。ううん。安い!

3B074E4C-6377-4416-BD03-0F895C0DC30F.jpg
「一生青春」って地元向けの昔からのブランドだと思っていたけど、裏ラベルを見るとそういう訳でもなかったんだな。

こんな美味しいお酒がこの価格で呑めちゃうんだから、日本酒の一升瓶買いはやめられまへん。


最近懐具合も厳しいので、税抜き2,500円以下で美味しいお酒をもっと攻めていってみようかと思っています。
この価格帯は、企業努力の賜物だと思うんだよなー。

>【日本酒】【特別純米】曙酒造 一生青春 特別純米 一升(1800ml)

価格:2,451円
(2017/3/22 06:22時点)
感想(0件)




posted by ちえ at 06:23| Comment(0) | -日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする