2017年03月13日

立派な立女形 五代目中村雀右衛門丈

今月の歌舞伎座夜の部、三つ目の狂言は「助六所縁江戸桜」。
助六は当然、当代随一の助六役者、市川海老蔵丈。
いやーもう、「助六」はすっかり他の人ができなくなっちゃったね。
揚巻は五代目雀右衛門丈。
昨年3月に雀右衛門を襲名。すっかり芸様が大きくなっております。
正直な話、芝雀時代は二番手のイメージだったんですよ。
玉三郎丈やら福助丈やらいない時の二番手役者。
人は良さそうだけれど劇場を圧倒するような大きさがない。
そう思っておりました。
が、今月の揚巻を見てすっかりイメージが変わりました。
どうしてどうして。海老蔵の助六を向こうに回して立派な揚巻。
助六、揚巻、髭の意休と並んでもなんの遜色もないどころか、他二人を食いかねない包容力を見せてくれました。
福助丈がなかなか復帰できず、玉三郎丈が自分の世界を構築してなかなか歌舞伎座への出演がない中で、この成長ぶりは楽しみなところ。
お父さんを越える、歌舞伎座を支配するような大きな立女形に育ってくれることを期待しています。
posted by ちえ at 08:25| Comment(0) | -歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

密閉性のあるタンブラーが欲しい

さよなら歌舞伎座の時に買った、江戸紫に「きょうげんづくし」と書いてあるタンブラー。
ずっと愛用していたのだが、最近特に液漏れがひどい。
持って歩いているだけで、蓋の継ぎ目からタラタラ漏れてくる。
もう寿命なのかな。
こういったもんに、寿命ってあるのかな。
プラスチック製で軽くパッキンが付いている程度だから、劣化も早いのかもね。
そんなわけで、新しいタンブラーを物色中。
お酒も入れられるしっかりした奴が欲しいのだが、なんかいい奴ないかしらん。
posted by ちえ at 07:49| Comment(0) | -歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする