2015年08月06日

【居酒屋】汗をかきながら酒を飲む。これぞ昭和の居酒屋!「練馬・四文屋」

0A647836-337A-4F26-A528-4B8FAA7E8525.jpg1EE1987D-72A6-4DB0-B732-FE1AA96359BC.jpg

昭和ブームですが。

お前ら!
安易に昭和っていうなー!
昭和って、どういう状況か知ってるのか!
昭和ってな。昭和ってな。



クーラーが無いって事なんだよ!




結構ね。これ、真面目な話なんですよ。
ちょっと前まで夏のサラリーマンはね、窓全開でランニングで仕事してたんですよ。
いつからなんすかね。全館空調が入ったのって。
やっぱバブルからっすかね。
外気温と室内気温のギャップに苦しむのって、結構つい最近の話のような気がするんですよ。

そんな昭和の居酒屋で、涼を求めるのは団扇と冷たい酒。
それを体験できるのが、練馬の四文屋です。


四文屋はあちこちにあるけれど、クーラーの効きが悪すぎて、この酷暑のなかビニールシートを開け放ってオープンスペースのごとく営業しているのはここだけ!
建物が古いので、空気の流れ的にも色々苦労してるみたいです。

でもねえここで、一人金宮の梅割りなんぞを傾けると、自分だけ昭和に帰ったような気になれるのです。
暑いからランニング。
暑いから窓全開。
人目ばかりを気にせずに、外見より実を取ったあの昭和な日々を。
外見より実は、日本人の美徳だったはず。
いつから日本人は、見栄っ張りになっちゃったのかなあ。
いまさら素朴な時代には戻れないけど、たまには暑い中で冷たい酒をきゅーっと煽って、昭和な自分を演出してはいかがでしょうか?


posted by ちえ at 18:52| -居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。