2017年03月10日

秋津「焼兵衞」

◼️秋津の立ち飲み屋
東の立石、西の秋津。秋津駅と新秋津駅の間に花開いた酒場文化。それが秋津。雑誌やテレビで紹介される老舗居酒屋の中にあって、比較的新しく大人気のおみせがあります。新秋津の改札を出て右手側。団子屋の隣。「焼兵衞」のおっきな看板。「もつ屋」も「野島」も「サラリーマン」もすっとばして、「焼兵衞」で呑みたい夜があるのです。

◼️壁に向かって一人慰労会
働いているのは酸いも甘いも噛み分けそうな大お姉さんばかり。大勢の男性客をチャキチャキと捌いていきます。入り口にテーブル、中はカウンター。全席立席。常連さんとは一言二言会話をしているようですが、一言には強いて言葉をかけてきません。それがいい。厨房に向かうカウンターは一杯だったので、この日は壁に向かって立ちました。お酒は日本酒を。お得なセット500円もあるのですが、この日は単品にしました。肴はモツ煮とカキフライ。どちらも300円。「焼兵衞」さんは100円代の肴も充実していて、300円は比較的高級な部類。日本酒は熱燗にしてもらいます。器の大きさから察するに正一合はありそうです。

◼️値段は税抜き価格
暖かい料理は暖かいうちに食べる派なんで、最初はモツ煮とカキフライをメインに食べ進めます。
食べ終わってからゆっくりとお酒を楽しみます。今日も一日ご苦労様と、自分で自分を労います。
お隣にも人が来て少し窮屈になって来たので、今日のところはこれにて退散。お会計は税込で1080円でした。

36FF1F85-D3EE-4A95-8441-D114AB63C763.jpg
味噌ベースの正統派煮込み。

B47F09D1-3859-4C0D-A482-6E86F24B7B60.jpg
小ぶりのカキフライ。このくらいが丁度いい。
posted by ちえ at 14:14| Comment(0) | -居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: