2017年03月26日

子殺しをいかに納得させるか「通し狂言 伊賀越道中双六」国立劇場2017年03月

「岡崎」の子殺し
義弟の敵討ちを成就させるため、まだ乳飲み子のわが子を殺し庭に投げ捨てる。
あらすじだけを取ってみると、なんとも酷い芝居である。
「伊賀越道中双六 岡崎」を上演するためには、現代人の観客にこの場面を納得させねば成り立たないであろう。
さもなくば、いやな気分だけが残って幕、ということに成りかねない。

吉右衛門の「唐木政右衛門」
今月の国立劇場「通し狂言 伊賀越道中双六・四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場」において、吉右衛門の表現は成功していたと思う。巳之助を刺し殺す瞬間に残酷さや哀れさは感じず、「そうするしかない」という必然性を感じた。後付で思えば、巳之助はただ殺されたのではなく、「寺子屋」のように敵討ちを成就させるために我自ら犠牲になった、乳飲み子ながら孝行を果たしたのではないか。そう思わせるだけの、説得力のある「唐木政右衛門」でした。

戦後四回目の「岡崎」
名作と言われながら、同じ伊賀越道中双六の「沼津」と違って上演回数が極端に少ないのは、やはり観客も演者もこの政右衛門の行動に共感ができないからでしょう。しかし今回の吉右衛門の演技で、なにかヒントのような物を感じた気がします。今度は是非歌舞伎座で、娯楽として歌舞伎を見に来ている見物衆の心を揺さぶったもらいたいと思います。


二世 豊竹古靱太夫(山城少掾) 伊賀越道中双六 岡崎の段 未復刻名演集

新品価格
¥3,915から
(2017/3/26 14:07時点)


posted by 松平ちえ at 14:02| Comment(0) | -歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: