2017年03月29日

会津産「ひとめぼれ」のポテンシャルをいかに引き出すか



今朝も土鍋でご飯を炊きました。

お米は会津産の「ひとめぼれ」。コシヒカリと初星との交配から生まれたお米です。いまやコシヒカリに次いで作付面積第2位。コシヒカリよりも栽培が容易らしいです(wikipedia調べ)。

ただ、コシヒカリの方が栽培に慣れている農家が多いと、MIDETTEの郡山米の販売会で農家の人には聞きました。


その「ひとめぼれ」ですが、今年の印象は“柔らかい”こと。

水加減が難しく、お米の形が崩れてしまったりします(個人の感想)。


そこで今朝は一工夫。お水を計量カップできっちり計ってみました(爆)

最初からやれよ、という怒声が聞こえてくる気がします。


本日の炊き方

浸漬5時間。寝る直前に米を研いで水に浸けて常温。

浸漬の水を一度捨て、計量カップで200mlの水を入れ炊飯。

中火→沸騰したら弱火。吹きこぼれが無くなっても暫く我慢して、パチパチと強い音がしたら火を止める。

蒸らし10分。鍋底から大きくかき混ぜる。


まだちと柔らかいが粒は辛うじて残っています。それより甘みが引き出され、ご飯だけでも十分な美味しさに。やはり問題は米の実力を引き出し切れなかった炊き方にあったようです。


米がべちゃついて見えるのは炊き上がりは水分が多いからかなと思います。曲げわっぱに入れてお昼にお弁当で食べる頃には丁度よくなっているので、いかに余分な水分を飛ばすかが今後の鍵かな。



土鍋炊飯のハードルをあんまり上げたくはないのですが、凝りだすと奥が深そうです。



posted by chie3 at 07:03| Comment(0) | 土鍋炊飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: