2017年03月29日

日本橋ふくしま館MIDETTEで、三種類の日本酒を飲み比べ!



日本橋にある福島県の物産館「日本橋ふくしま館MIDETTE」のウリは、常時やっている日本酒の飲み比べでしょう。

週替わりで、60mlずつ3種類の味が楽しめる「3種類飲み比べ」は、お買い物で疲れた際の一休み代わりによく利用させてもらってます。

最近ここにポイントカード制が導入。

飲み比べ1回1ポイントで、10ポイントで1杯サービスが頂けます。

もちろん、私も持ってます。


さて今週(3月27日〜4月2日)は、会津中将、蔵太鼓、磐城壽が登場です。さっそく頂いてきました! って、米買いに行ったらたまたまこの三種類だったんですけどね。


1C17B6B0-29FA-4B69-9256-E8AD493CCE88.jpg


どれも好きなお酒なのですが、ぜひ飲んで頂きたいのは蔵太鼓。喜多方市内で酒を醸す喜多の華酒造さんのお酒です。ラベルに表示がないので実際のところはわからないのですが、蔵太鼓は喜多の華酒造さんの中でも、日本酒度+10とかの辛口のお酒だったと思います。

初日の27日に頂いたのですが、他の二種類とは明らかに違った個性のお酒でした。

端的に言うと熟成香が出始めていたのです。

ちょっと予想外だったので、水で口中を洗いながら、何度も味を確かめました。

やはり、ありありと登り香にも味にも熟成感が出ています。


こうなると、俄然興味が出てくるのは上槽のタイミング。早速、蔵太鼓の瓶を見せてもらいまし。


2A748E03-30F3-4AF2-BCB7-0C0174489A00.jpg

旨口なんだ。日本酒度は抑えめなのかな。


30C1A9B3-0BDC-42B2-A791-CD46AE21C2E4.jpg

製造年月に注目!


製造年月 27年12月とあります。

製造年月は瓶詰めした月ですから、それから1年と3ヶ月は経っております。BYで言えば26年か27年でしょう。保管状況にもよりますが、そのくらい経てば熟成感も出てきて当然。納得です。


そうなると、次に気になるのはMIDETTE側がこの味を把握して出しているのか否かというところ。

ですが、そこまで突っ込んでは聞けませんでした。ヘタレてすまん。



超個性的な蔵太鼓。もしかしたらデッドストックのレアものかもしれません。飲むなら今がチャンス!

今夜にでもMIDETTEへGO!




日本橋ふくしま館MIDETTE

住所:東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1F

電話: 03-6262-3977

営業時間:平日 11:00〜20:00、土日祝日 11:00〜18:00

飲み比べのラストオーダー: 19:00


posted by ちえ at 08:29| Comment(0) | -日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: