2017年03月30日

初めて鰤の味噌煮を作ったよ!これが思った以上に簡単だった!



鯖を買ったつもりだっのに、何故か鰤の切り身だったのはご愛嬌……


前日に、半額で買った鯖を味噌煮にしようと意気揚々と帰ってきたら、何故かパックの中の鯖は鰤に化けてました。

どうしようかと考えること暫し。

せっかくの材料も買ってしまったし、あまり聞いたこと無いけれど、鰤で味噌煮を作ることにしました。


参考にしたのは「白ごはん.com」さん!

http://www.sirogohan.com/sp/recipe/sabamisoni/


まずは必要かどうかわからないけど、下処理。


1. 途中まで塩焼きにするつもりだったので、塩してお酒をかけて20分置きました。


因みに塩焼きの参考にしたのもある「白ごはん.com」さんの「鯖の塩焼き」のページ( http://www.sirogohan.com/sp/recipe/saba/ )。ただ塩して焼くだけでもいいけれど、塩してお酒に10分浸して焼くといいと書いてあったので、そこを参考にしました。


3. 酒に漬けている間に、生姜の皮をむき少し薄切りにします。


鰤一枚はそのまま魚焼きのグリルで塩焼き。

もう一枚は、


2. 鰤をボールに入れ、沸騰させたお湯を注いで霜降りに。流水で軽く洗って水に取ります。


それからタレ作り。


3. 手頃な鍋に、水300ml、酒100ml(計量カップで計りました)、砂糖スプーン3杯とチョイ(大さじ3と1/2)を入れ火に掛けます。湧いてきたら生姜の薄切りと鰤を入れます。


ここでアクを取れと指示されているのですが、見た目に全然アクが出てこなったので取ってないです。


4. 再び湧いたら火を止めます。味噌を小さいおたまでチョイ(大さじ5)と取りボールに入れ、おたま一杯の煮汁で解きます。ダマがなくなるくらいまで味噌が溶けたら、再び鍋に戻します。


5. 鍋を火に掛け、再び沸騰したら火を止めて一時間放置! これて味噌の旨みが鰤の中に充填されていきます。


6.一時間後、落し蓋をして再び火に掛けます。


落とし蓋はアルミホイルを使いました。


7. 煮ている間に白髪ねぎを用意。煮汁が煮詰まってトロミが出てきたら完成です。鰤だけでなく煮汁もたっぷり装いましょう。


22ABE64C-BFF3-487F-9F6C-FB8FC0E5E177.jpg

完成!


鯖特有のコクが感じられずそこは物足りなかったけど、それでも煮汁がうまー!な感じ。自分で拵えた煮汁なのに完飲してしまった。同じ煮汁で別のものも煮たい。万能煮汁として、なんにでも合いそうでした。

まだ鍋に汁だけ残っているから、豚肉でも買って帰って煮てみようかな。

煮る前に霜降りにしたのが良かったかもしれません。あれで、魚臭さとかが抜けてくれた気がする。下拵え大事。霜降り万歳。


ずっと「煮魚料理は下拵えも手順も面倒」と思い込んでいたのですが、やってみたらさにあらず。仕事終わって帰ってからでも十分できるじゃん。

また魚が安かったら挑戦してみようかと思います。




posted by ちえ at 12:58| Comment(0) | -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: