2017年04月09日

六月大歌舞伎 昼の部 「澤瀉十種の内 浮世風呂」見どころ!

澤瀉十種は、三代目猿之助が昭和50年に撰した舞踊十種。

「浮世風呂」は、風呂屋の三助がナメクジに言い寄られるという荒唐無稽な筋立てで、初演ではナメクジの着ぐるみだったみたいだが、今では洗い髪の美しい女方で演じる。
美しいといってもそこはナメクジ。
ヌメッとした動きで少し気色悪いし、最後には塩をかけられ溶けてしまう。それはちょっと可哀想。

滅多に掛からぬ演目で、当然ながら澤瀉屋以外はやっていない。
猿之助自身も亀治郎時代に2回、猿之助になってからは初めて。
ナメクジ役で、三代目猿之助の相手を勤めた事はある。

スナック菓子のように、軽く見れる演目のようだ。
こういうのは素直に楽しもう。

posted by chie3 at 16:59| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: