2017年04月11日

歌舞伎座六月大歌舞伎 昼の部 「御所桜堀川夜討 弁慶上使」の予習をするならこのサイトを見るといいよ!

「弁慶上使」は「御所桜堀川夜討」の三段目。
頼朝からの疑いを晴らすため、義経の子を身ごもった平時忠の娘「卿の君」を討つためにやってきた武蔵坊弁慶が、偶然生き別れの娘に再開。「卿の君」と瓜二つの娘「信夫(しのぶ)」を身代わりとして首討つという話。
こうやって情も義理も忠も孝も削ぎ落として、つらつらと粗筋だけを抜き出すと酷い話です。
過去に見たのは一度くらいですかね。
最近では滅多に掛かりません。
その時も、がっつり寝ていた気がします。
前回歌舞伎座でやったのが2005年。
うん。ギリギリ歌舞伎を見出した頃です。

とりあえず、毎度お世話になっている「歌舞伎見物のお供」さんに、解説のページがありました。
詳しい粗筋と解説はこちらを参考にして下さい。

「歌舞伎見物のお供」さん 「弁慶上使」の解説

義太夫の床本も読んでおくといいですよ。
歌舞伎ではカットされる場面やセリフを知ると、より理解が深まります。

「鶴澤八介・ようこそ文楽へ/床本・御所桜堀川夜討 侍従太郎館の段」


平時忠が娘を義経に差し出したのは史実。
名は蕨姫と言い、側室という立場だそうです。
しかし、「御所桜堀川夜討」の「卿の君」は正室。
「義経千本桜」でも「卿の君」は正室で、川越太郎の娘で時忠の養女ということになっているので、「御所桜堀川夜討」でもその辺りの設定を引いたのでしょうね。









中村吉右衛門主演 武蔵坊弁慶 完全版 DVDBOX1【NHKスクエア限定商品】

新品価格
¥12,960から
(2017/4/11 22:46時点)


posted by chie3 at 22:27| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: