2017年07月18日

なんの予定もない連休には、ぶらりと川越観光に行った方がいいよ!



川越に行ってきました。

川越は、東京からもほど近い観光地。

思い立ってふらりと行くには最適です。

自分の最寄駅が西武線なもので、それこそ都内に出るのと同じくらいの感覚でいけちゃいます。

新宿や池袋から電車で一本、交通費だと500円前後。何かと言うと足が向きます。


まずは立川マシマシで昼食

わかってるんですよ。もっと川越らしい所で飯を食えと。

でもね、見つけちゃったんだもん。

都内では行こうと思うと大抵行列できてんだもん。

初「立川マシマシ」が川越です。因みに8号店です。

BB9FF5F5-2C62-42F4-8A83-459D7D2136A8.jpg0F03C9E7-417B-48F7-8C1F-15A448562A47.jpg

お願いしたのは、これ!「デラックスマシライス」850円!

ご飯は普通で350g。1合ちょっとある計算になります。

普段から1合飯食ってますから、このくらいは余裕。むしろご飯マシでもいいくらいなんですが、

0345F825-B56D-4CF1-B78B-AF4FD7FE73DD.jpg

残念ながら初回の人は「マシ」が頼めません。

ペロリと完食。

うーん。これでご飯マシしたら肉が足りなくなりそう。肉マシ+350円は必須だなぁ。



レンタサイクルで回ります

ご飯を食べたら腹ごなしも兼ねてレンタサイクルを借ります。

川越のレンタサイクルは1日借り放題で200円。

最初の40分は0円で以後30分毎に200円が掛かります。但し借り放題なので、最初の40分以内に、市内各所に点在するポート返して借り直すをを繰り返せば基本料の200円だけで借り続けられます。

支払いはクレジットカードが断然便利。

レンタサイクルのポートで手続きができます。

借りる時のキーは交通系ICカードを最初に登録してします。


川越市立博物館で涼む

自転車に乗って颯爽と、川越市立博物館に、向かいます。たまたま「絵図・地図で読み解く川越」展をやってました。これは入場料200円の中に含まれています。

旅先で博物館や美術館。アカデミックでいいですよね。川越市立博物館は常設展で川越の歴史や蔵造り、川越まつりの山車の解説もありますから、観光の前の予習にはぴったりです。

FD7E65DB-AB0F-4A88-84FE-FCA289F2B31A.jpg


農産物直売所あぐれっしゅ川越店でお買い物

7C4D4716-E9B3-4244-92FD-25AE1DDA1BD5.jpg

川越市立博物館からもほど近く。

川越の農産物の直売所です。

場所的に「観光の後で」とは行きにくいのが惜しいところ。新鮮卵が格安で買えたりします。


一応、観光地も流し見して……

D96D2342-F40C-4696-B225-9653E5BA9DEB.jpg3B5BD6BA-AA57-4940-8A6B-3E2A1AA33F04.jpg84BAE701-04F4-4D08-B07D-5402D1F58912.jpg

​順番に、川越城本丸御殿、喜多院、時の鐘です。


小江戸蔵里で小江戸ビール

BF825F70-B917-4F05-9CF6-51C2209FF105.jpg

​旅の締めくくりは、小江戸蔵里で小江戸ビール!

松本醤油さんの一年熟成醤油も買いました。

木桶仕込みで540円!(税込)

生産本数が少ないので、川越以外では中々出回りません。



わずか半日の滞在ですが、しっかり川越を満喫しました。






posted by ちえ at 07:04| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: