2017年07月20日

[ランチ] 六本木ヒルズのキンシャリ屋さんで「冷しゃぶ辛冷やし中華を」食べた!


出勤途中に、六本木のキンシャリ屋さんの前で、こんな看板が目に入りました

66F1D8BD-DFC0-4ECD-9599-9DA843A5E509.jpg

「夏期間限定 冷しゃぶ辛冷やし中華」

なんという圧倒的ビジュアル!

ちょうど弁当を持ってこられなかった日。

昼にはこれを食うぞと、午前中は気もそぞろに過ごしました。


キンシャリ屋さんは食券制

D16AD8B1-6EAE-484B-85FC-14E7CBD95508.jpg

入口の自販機で食券を買い、カウンター席に着席。

キンシャリ屋さんはカウンターがあるので、1人でも入りやすい。

すぐに店員さんが注文を確認しに来ます。

無料なので大盛りにしてもらいました。


肉100g! 総重量600gの迫力!

2F26DFB0-B76A-4734-BC08-4A21FF469EDC.jpg

山の様にうず高く盛られた豚肉!

看板の写真と比べても遜色なし!

かなり嬉しいです。

麺はちちじれた細麺。しっかり締めてあって歯応えのある食感。

器の底に酸味のある醤油タレが敷いてあり、麺だけ食べると普通の冷やし中華の味です。


ポイントはニンニクチップを纏った肉!

9E7EDA2F-E379-4385-ADCE-516402550B29.jpg

続いて冷しゃぶ肉を頂きます。

ピリ辛、というか辛い。

肉に絡まったタレの辛さでしようか。

さらに、見た目では分かりづらいけれど揚げニンニクチップのサクサクとした食感がアクセントになって楽しい。

これは食が進みます。


肉と麺の間には茹でたニラとモヤシ。

テーブルにある食べ放題のザーサイもいい箸休め。

さらにキンシャリ屋さんはセルフサービスでスープも飲み放題。

これがかなり嬉しい。

冷たい物を食べていると、ちょっと暖かい物が欲しくなりますものね。


食べ進めていく内に麺とタレと肉が渾然一体となり、旨さも食べる速度も更に加速。

あっという間に完食しました。


これはリピート必至!

夏の暑い盛りに、この味付けは反則です。大盛りでもペロリと行けちゃいます。わざわざ食べに来る価値ありです。

夏休みに六本木ヒルズにお出掛け予定の人は、ぜひ食べて欲しい一品でした。



posted by ちえ at 06:57| Comment(0) | -六本木一人飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: