2017年03月30日

初めて鰤の味噌煮を作ったよ!これが思った以上に簡単だった!



鯖を買ったつもりだっのに、何故か鰤の切り身だったのはご愛嬌……


前日に、半額で買った鯖を味噌煮にしようと意気揚々と帰ってきたら、何故かパックの中の鯖は鰤に化けてました。

どうしようかと考えること暫し。

せっかくの材料も買ってしまったし、あまり聞いたこと無いけれど、鰤で味噌煮を作ることにしました。


参考にしたのは「白ごはん.com」さん!

http://www.sirogohan.com/sp/recipe/sabamisoni/


まずは必要かどうかわからないけど、下処理。


1. 途中まで塩焼きにするつもりだったので、塩してお酒をかけて20分置きました。


因みに塩焼きの参考にしたのもある「白ごはん.com」さんの「鯖の塩焼き」のページ( http://www.sirogohan.com/sp/recipe/saba/ )。ただ塩して焼くだけでもいいけれど、塩してお酒に10分浸して焼くといいと書いてあったので、そこを参考にしました。


3. 酒に漬けている間に、生姜の皮をむき少し薄切りにします。


鰤一枚はそのまま魚焼きのグリルで塩焼き。

もう一枚は、


2. 鰤をボールに入れ、沸騰させたお湯を注いで霜降りに。流水で軽く洗って水に取ります。


それからタレ作り。


3. 手頃な鍋に、水300ml、酒100ml(計量カップで計りました)、砂糖スプーン3杯とチョイ(大さじ3と1/2)を入れ火に掛けます。湧いてきたら生姜の薄切りと鰤を入れます。


ここでアクを取れと指示されているのですが、見た目に全然アクが出てこなったので取ってないです。


4. 再び湧いたら火を止めます。味噌を小さいおたまでチョイ(大さじ5)と取りボールに入れ、おたま一杯の煮汁で解きます。ダマがなくなるくらいまで味噌が溶けたら、再び鍋に戻します。


5. 鍋を火に掛け、再び沸騰したら火を止めて一時間放置! これて味噌の旨みが鰤の中に充填されていきます。


6.一時間後、落し蓋をして再び火に掛けます。


落とし蓋はアルミホイルを使いました。


7. 煮ている間に白髪ねぎを用意。煮汁が煮詰まってトロミが出てきたら完成です。鰤だけでなく煮汁もたっぷり装いましょう。


22ABE64C-BFF3-487F-9F6C-FB8FC0E5E177.jpg

完成!


鯖特有のコクが感じられずそこは物足りなかったけど、それでも煮汁がうまー!な感じ。自分で拵えた煮汁なのに完飲してしまった。同じ煮汁で別のものも煮たい。万能煮汁として、なんにでも合いそうでした。

まだ鍋に汁だけ残っているから、豚肉でも買って帰って煮てみようかな。

煮る前に霜降りにしたのが良かったかもしれません。あれで、魚臭さとかが抜けてくれた気がする。下拵え大事。霜降り万歳。


ずっと「煮魚料理は下拵えも手順も面倒」と思い込んでいたのですが、やってみたらさにあらず。仕事終わって帰ってからでも十分できるじゃん。

また魚が安かったら挑戦してみようかと思います。




posted by ちえ at 12:58| Comment(0) | -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

竹輪麩

不思議な食べ物である。
来歴は諸説あってはっきりしない。
wikipediaによると、京都の生麩を参考にして作った説と戦後の闇市の竹輪の代用品説が紹介されている。
その下卑た印象から戦後闇市説を推したいところだが、昭和12年発行「軍隊調理法」に関東煮(おでん)の具材として紹介されているというから、もっと前からあったのかもしれない。
落語「時そば」で「他のところは竹輪麩を使っているが……」という台詞があるようだが、これは後世の入れ事であろう。

煮物の具にもするらしいが、何と言ってもおでんの具材として光芒を放つ。
あれば必ず頼むし、無かったりまだ煮込みが足りず出してもらえないとガッカリする。
こいつをちびりちびりとちぎりつつ呑む熱燗の旨さは応えられぬ。
肴もしてもいいが、呑んだ後の〆としてもいい。
おでんの出汁と竹輪麩で締めると、全くその後にラーメンを食べようなどという気にはならぬ。
ローカロリーで身体にも優しい。

そんな竹輪麩だが、実家のというか地元のおでんには入っていない。
入ってないどころか、売ってさえいない。
今ならもしかしたら手に入るかもしれないが、子供の頃にはその存在すら知らなかった。
グルメ漫画が出てきてから、ようやく「東京には竹輪麩という食べ物があるらしい」という事を知った。
きちんと口にしたのは、大人になってからである。

そんな強烈な地域性を持っているところも、私が竹輪麩を愛する所以である。


posted by ちえ at 07:48| Comment(0) | -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

鮭の粕汁

そろそろ余ってる根菜類の消費に、鮭の粕汁を作ろうかと思うのだがね。
粕汁の鮭って、塩鮭でもいいのかね。
塩気が抜けて汁も鮭も美味しくなると思うのだが。
posted by ちえ at 08:01| -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

大根葉の塩揉み

3DA0B770-B1D8-4311-BC26-B0C0B4D4DB8D.jpg

朝日まかてさんの「すかたん」を読み始めました。
大根は、成長段階で間引いたりするけど、間引いた葉っぱもうまい、の記述に同意。

この時期、東久留米市内の野菜直売所にも、間引いたり野菜が並びます。

大根だったり白菜だったり。

おっきな農家さんじゃ捨てちゃう様なところも、ちゃんと食べられるんですね。

「すかたん」は、おっきな青物問屋の息子に生まれた野菜好きの遊太郎が、百姓の野菜の辻売りをお上に認めてもらうために奔走する時代小説。

あ。まだ読みかけなので、この先おっきく展開が変わる可能性があります。

読み終わったら、きちんと紹介しますね。


本日の朝食は、小説に影響されたわけでもないですが(笑)
納豆の薬味に塩で揉んだ大根の葉っぱを入れました。
青菜の匂いとシャキシャキとした歯ごたえがうまい。

パワー十分。
納豆パワーで血液もサラサラです。


posted by ちえ at 06:14| -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

土鍋でごはん炊くって、簡単で美味しいよ!

わが家のご飯は土鍋炊き。

土鍋ご飯って難しそうって思ってる人もいるみたいだけど、簡単で美味しいよ。

水加減とかもチョー適当。

米を研いで三十分以上給水させたら、ひたひたの水加減で中火に掛けるだけ。

一度沸騰してぷちぷちぱちぱち言い出してほんのり香ばしい香りがしてきたら、火を止めてしばらく蒸らす。

慣れてくれば、別のことやってても平気だし、体感的には電気炊飯器で炊くよりも早い気がする。

なにより高級炊飯器に比べて土鍋は安いのが嬉しい。

それで高級炊飯器なみの仕事をしてくれるんだから。

もちろん、米を炊かない時は普通に鍋として使ってもいいわけです。




今朝も新米を炊いて美味しく頂きました☆


【送料無料】万古焼 日本製IH・直火両対応9号土鍋 京粉引9号(4人用)萬古焼 プレ−トタイプ 〜【あす楽】/ih対応9号/ガス対応9号/日本製/ばんこ焼 土鍋/IHガス両方対応9号【150923coupon300】/10P23Sep15

価格:5,800円
(2015/9/26 07:45時点)
感想(146件)




posted by ちえ at 07:45| -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

朝から炊きたての飯でいくら丼!これ最高!

朝から失礼しまーす!

仕込んでから、一晩経ったいくら丼!
早速、朝からいくら丼にしてみました。

DCD80829-5168-4E85-B43B-F0AFD28DA8C5.jpg

はい!いくら どーん!

ヘタれなのでちょい掛け二色のいくら丼。
だって長く楽しみたいんだもーん。
こんな量でも味は濃厚〜♪
ちょーうまい卵かけ御飯のごとし。
旨味がとろ〜んとしてね。

そうか。
醤油+酒+味醂の醤油ダレは、自家製のTKG醤油としても行けるかもしれないなあ。

朝から幸せなひと時でした!
posted by ちえ at 06:16| -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

超簡単!いくらの醤油漬けをモリモリ食う方法!

いくらの醤油漬け、美味しいですよね〜
北海道料理店なんかでは、山盛りのいくらを売りにしてたりしてますが、実はあれ、意外と簡単に作れるんですよ?

実は今日、スーパーで生いくらが半額だったので、いくらの醤油漬けに挑戦してまして。

78539497-8A09-4DD8-ADAC-E2929D0AA73C.jpg

買ったのはこれ。
すでに皮を剥がして洗浄してあるやつ。
これだったら、俺でも簡単につくれます。

87AA287D-09E5-4F95-8584-F01B6C67493B.jpg

だって後は、タッパーに入れて醤油を注ぐだけなんですもん(笑)
ね、簡単でしょ?

左は醤油だけで漬けたもの。
右は、醤油、酒、味醂を6:2:2で合わせた醤油ダレに漬けたもの。
このまま蓋をして冷蔵庫に寝かせます。

3時間後くらいから食べられます。
オススメは2、3日寝かせてからだそうです。

3時間にはちょっと早かったけど、早速試食。
0D575121-E37A-45E3-B408-6A487DD09039.jpg

昨日買った、会津酒造の日本酒「山の井」に合わせます。

たった3時間足らずの漬け込みで十分うまー!
左が味醂とお酒も入った醤油ダレですが、こっちの方がしょっぱく感じました。右の醤油だけで漬けたやつは割合さっぱりした味わい。
これが、どう成長していくかが楽しみです。

とりあえず明日の朝は、炊きたての土鍋ご飯でいくら丼と洒落込もうかと思います。


今回、参考にしたサイトはこれ。
いくらの巻

今度は、生筋子から挑戦したいな♪
posted by ちえ at 23:52| -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

蟹の味噌汁を作りました!

ワタリガニが安かったので、カニの味噌汁を作りました。
カニの味噌汁って、簡単なんですね〜。
大きめの鍋に水張って、カニを投入して火にかけるだけ。
生きてる蟹なら縛ったり、生き〆にしたり色々あるみたいですが、死んでる蟹なら気にしない。
グラグラさせてある程度、出汁が出たところで蟹を取り出し真っ二つに。
再度蟹を鍋に入れ、味噌を溶き入れさらにグラグラ。
ほとんど浜辺の漁師料理のノリで美味しくできちゃいました。
わずかながら蟹の身も楽しめてサイコー。
これだけで、お酒のアテになるわぁ。
まだ半分残っているので、帰って今夜も楽しみます!
posted by ちえ at 08:13| Comment(0) | -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

アイスバインのために

アイスバインのために、ザワークラウトと粒マスタードを買って帰ります。

posted by ちえ at 18:08| Comment(0) | -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスバイン

EDB6F5D0-98F7-4F9C-9369-577163BB998E.jpg

ドイツ料理のアイスバインというやつを仕込みました。
これは、一週間香辛料などに漬け込んだ豚のスネ肉を、煮込む直前の写真。
90分ほど煮込んだら、自然に冷めて味が落ち着くまでほっておきます。
今朝、冷蔵庫に移す時に少し味見をしたら、かなり美味しくできてる様子。
夜ご飯が楽しみです。
posted by ちえ at 06:17| Comment(0) | -料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする