2015年09月26日

都内を移動するのはバスが便利。プチ旅気分も味わえちゃうし♪

路線バスって利用してますか?
正直、どこに路線や停留所があって、どのくらいの感覚で走ってるのかもわかりずらくて、使いずらいですのね〜。
僕も全くそう思ってました。

でもね、今は違います。
このアプリを知ってから、僕の生活は劇的に変わったんです。
「なんだよ。アプリのステマかよ」って思いました?
半分当たりで半分外れです。
半分当たりってのはそのアプリは、あなたのスマホに既に入ってるからです。

そのアプリとは。

多分、みんな使ってる。

Google mapです!



驚きました?
Google mapに、ルート検索ってあるじゃないですか。
これがチョー優秀で、現在地から目的地まで指定すると、きっちりバスの路線も組み込んでルート検索もしてくれるのです。

今まで鉄道の駅から10分以上かかっていた場所が、バス停の目の前だったり。
3回も4回も乗り継いで辿り着いていた場所に、乗り換え一回でたどり着けたり。
特に今まで行ったことないな、という場所は、一度Google mapで、公共交通機関を利用しての路線検索をお勧めします。

都内だったら210円均一料金ですし。



ちなみに今日も、都営バスに乗って永青文庫に向かってます。
鉄道だったら徒歩10分以上かかるところを、バスだったら徒歩4分。
うーん。お得だ。


サウンド&ライト都営バス

新品価格
¥1,931から
(2015/9/30 22:18時点)


posted by ちえ at 14:31| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

会津の魅力は人にあり!自分の好みの酒場が見つかれば、旅の目的の9割は達成したようなもん!

ふ急遽決めたシルバーウィークの帰省。
ならばと足を伸ばして、会津若松まで行ってきました。
シルバーウィークの会津若松は、会津まつりの真っ盛り。
小学生の鼓笛隊パレードがあったり、神明通りの旧中合跡地に市が立ってたり。
3日目の目玉の藩公行列には、スペシャルゲストで綾瀬はるかさんもいらしてました。
写真撮影は禁止なので写真はありませんがね。
自分で植えた桜の木に水遣りしているところに遭遇。
割と間近で見ることができました。
本当はその日の内に実家に戻るつもりだったのですが、綾瀬はるかさんが来るというので急遽決めた宿泊。
三軒電話して、ようやく風呂なし素泊まり4200円という格安の部屋をゲット。
飲んで帰ってくるんで帰りは遅くなりますと言ったら、「じゃあ、鍵はそのままお持ちください」とホテルのフロント。
一応門限12時みたいなんですが、寛大に処置してくれたホテル会津つるのさんに感謝です。
今回の会津行きの目的はまず買い物。
会津塗りの片口やらお箸やらを買ってきました。
そして、旧知の方にご挨拶。
長らくご無沙汰していた方が、飲食店を出したというのでお会いしてきました。
お店の名前は「会津蔵武」。
場所は旧籠太。もしくは、旧ばんげや。
どちらも今や、会津の人気店。籠太さんは、全国的にも有名ですね。
単純に居酒屋を経営するのではなく、会津の地酒を積極的に発信し、「会津蔵武」会津の地酒の総合発信基地にするのが設立の目的のようです。
ぜひ頑張って会津の地酒をもっともっと広めて頂きたいです。
神明通りで開催されている「会津磐梯山」を踊りに行き、この日の二件目は旧会津中合跡の駐車場で開催されていた「会津十楽 秋の陣」という市へ。
昼間にここの「もっきり」というお店でお酒を頂いていたので、裏を返しにもう一度行きました。
終了間際だったので一杯だけと飲んでたら、「会津蔵武」でご一緒したお兄さんと偶然の再会(笑)
折角だからと、一緒にもう一軒。
大町通りで昼間見て気になった「銀座9丁目」に伺いました。
ここでは、会津の地酒がカクテルグラスで一杯200円からで飲めます。
立ち飲みなので、気楽に飲むにはとても良いところ。
裏で別の割烹料理屋をやっていて、料理は本格的なものをいただけます。
売りは、目の前の囲炉裏で焼くしんごろう餅とイカぽっぽ焼き。
たまたま一緒になった地元の方と、仲良くしんごろう餅を焼いて、話も弾みました。
最後の一軒は、これも気になっていた「あかがき」というお店。
市役所の通り沿いで、ホテルを通過して会津蔵武の方に戻る格好になります。
勇気を出して引き戸を開けると、思った以上に広い店。
若い先客がカウンターで飲んでいて、お母さんが一人でやっています。
最後なのでビールと軽いおつまみをもらいつつ、お話させていただきました。
やはり旅先では、地元の人とお話するのが楽しいね。
今回は新しいお店を二軒も発掘できて、今後会津に行くのが益々楽しくなった夜でした。
偶然出会った彼も酒好き日本酒好きの楽しい人で、東京での再会を約して別れました。
泊まってるホテルが偶然の向かい通しなのも笑ってしまった。
posted by ちえ at 19:36| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

会津の秋

41BE7A76-246C-49AE-B18C-BDD733E626C7.jpg
黄金色に輝く会津の秋は美しい。
豊かというのは、こういう風景を言うのだなと、瑞穂の国の人は素直に思う訳です。
お国入りした会津の殿様が初めてこの景色を見たらどう思ったでしょう。
きっと、我が国は豊かな国だ、と思ったに違いありません。


★ポイント10倍★ 26年産/1等米 会津産こしひかり玄米30kg 【特A産地】【基本送料無料】【精米無料】 ☆有名米どころ会津の一等米!【産地直送福島県産会津米】【smtb-TD】【tohoku】【RCP】

価格:9,970円
(2015/9/26 11:01時点)
感想(25件)


posted by ちえ at 09:55| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメン

向こう着いたらラーメン食うのだ。
posted by ちえ at 09:06| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日快晴!



6967F873-592D-469F-9BC7-9B7AD7A99D4D.jpg

本日快晴!
posted by ちえ at 09:02| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会津若松!

F49E3D00-3F21-4D18-8C13-2D9E44F2D7C3.jpg

これから、会津若松まで足を伸ばしてきます。
posted by ちえ at 09:00| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

なすの

おつまみが欲しくなってしまったが、なすのは、車内販売が無いのだよなぁ。
posted by ちえ at 16:19| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の始まり!「なすの」は男前!

旅に出ております。
旅の醍醐味。
それは何と言っても移動中のアルコール!(笑)

A9B90E46-F51D-45F2-B728-F58E4F429748.jpg

一杯目のビールのうまいこと。

今回は、大宮から新幹線「なすの」に乗せていただきました。
郡山駅までの短い旅ですけど、その分自由席でもゆったり乗れて、旅情は完璧です。

大宮→小山間で缶ビールを一本飲みきり、お酒に切り替えます。

4A9E8C0A-D4B9-4D71-B0EA-BA8D811101A4.jpg

池袋西武の試飲販売で頂きまし菊盛の秋あがり。
木桶仕込みがいい感じにまろやかになってます。
こりゃ、もっと寝かせればもっといい酒になる感じがビンビンに伝わってきます。

「なすの」は今回初めて乗ったのですが、ウッディーな内装がいいですな。
乗車時間一時間くらいですが、もっと乗っていたくなります。

70C2A913-8688-4499-8250-B9CAE8829CB8.jpg

「なすの」は面も癒し系。
このカラーリングがたまらん
CD79DB7C-AFC2-4C35-B1C2-ACC889DC6E58.jpg

こういう男にわたしもなりたい(笑)
posted by ちえ at 16:12| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

奈良に行ってきました

奈良は壮大で雄大で、行った直後は自分の中で捉えきれず、ずーっとポカーンとしておりました。
一週間経って、やっと自分の器の中に奈良が落ち着いてきた気がするので、ゆるゆると書いていきたいと思います。

往路は高速バスを利用しました。
新宿から、毎日23:20に出ているやつです。
高速バスは初めてだったのですが、途中少しは寝られたし、思ったより苦ではなかったです。
最初から最後までカーテンが掛けられ、外の様子が見れなかった事。
渋滞で到着が遅れの、朝一の予定をこなせなかったのが残念です。
ある程度時間に余裕がないと、高速バスは使えないですね。

着いてまず、ホテルに荷物を預けました。
今時のホテルはどこも、宿泊客の荷物を預かってくれるみたいです。
春日ホテルとか高級なところはわかりません。
自分が利用したのはビジネスホテルです。
ビジネスホテルはいまや競争が熾烈ですからね。

それから東大寺まで歩きました。
初めてのところは、歩いてみてその土地の感じを掴みたいのです。
これはちょっと失敗。
思ったより遠かった。
この後何度も感じるのですが、奈良はどこもかしこもとにかく「広大」なのです。

東大寺ではまず、大仏さんにご挨拶。
今回の主目的は国宝、重文クラスの仏像を浴びる様に見る事。
そのトップバッターとして、奈良の大仏が相応しいとまずはここからです。
とにかく、でかいですしね。
奈良の大仏、盧遮那仏は、でかかったです。
いや、その前の、大仏殿に至る道程からしてでかい。
路もでかけりゃ距離もでかい。
大仏殿もでかけりゃ、中の大仏もでかい。
大仏殿なんて、実は江戸時代の再建で、最初の建物はもっとでかかったというのですから、驚きです。
たぶん。この時点で、奈良に魂抜かれてました。
いや、むしろ魂になっていたというべきか?
ふわふわと、夢現つのような状態で、東大寺はまだまだ続くのです。
posted by ちえ at 17:44| -旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする