2017年03月27日

つがもねえ

​「つがもねぇ」
モヤモヤさまーず2でお馴染みのこのセリフ。主に大竹さんが歌舞伎メイクをした時に発します。なんとなく古い言葉っぽいけど、歌舞伎では聞いたことないな、と思っていたら助六のセリフにありました。さすが大竹さん。最初に発した時も剥き身隈でしたし、もしかして助六を見たことがあるのかもしれません。

​どういう意味?
​気になって意味も調べたのですが、これが掴み所がない。とあるサイトでは「途方も無い、とんでもない、ばかばかしい」「たわいない、とるにたりない」「はなはだよい」とあります。時代によって意味合いが微妙に違いそうだし。そう意味でこの言葉をチョイスした大竹さんの言語感覚はさすがの一言です。

​掛け持ち
​そういえば、今月、国立劇場で「お谷」を勤めた雀右衛門丈は歌舞伎座の「助六」で揚巻との掛け持ち。こういう事ってあるんですね。「岡崎」が終わったら大急ぎで顔を落として車でGO!ですかね。いやはや、歌舞伎役者さんは大変だ。



posted by chie3 at 06:48| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

子殺しをいかに納得させるか「通し狂言 伊賀越道中双六」国立劇場2017年03月

「岡崎」の子殺し
義弟の敵討ちを成就させるため、まだ乳飲み子のわが子を殺し庭に投げ捨てる。
あらすじだけを取ってみると、なんとも酷い芝居である。
「伊賀越道中双六 岡崎」を上演するためには、現代人の観客にこの場面を納得させねば成り立たないであろう。
さもなくば、いやな気分だけが残って幕、ということに成りかねない。

吉右衛門の「唐木政右衛門」
今月の国立劇場「通し狂言 伊賀越道中双六・四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場」において、吉右衛門の表現は成功していたと思う。巳之助を刺し殺す瞬間に残酷さや哀れさは感じず、「そうするしかない」という必然性を感じた。後付で思えば、巳之助はただ殺されたのではなく、「寺子屋」のように敵討ちを成就させるために我自ら犠牲になった、乳飲み子ながら孝行を果たしたのではないか。そう思わせるだけの、説得力のある「唐木政右衛門」でした。

戦後四回目の「岡崎」
名作と言われながら、同じ伊賀越道中双六の「沼津」と違って上演回数が極端に少ないのは、やはり観客も演者もこの政右衛門の行動に共感ができないからでしょう。しかし今回の吉右衛門の演技で、なにかヒントのような物を感じた気がします。今度は是非歌舞伎座で、娯楽として歌舞伎を見に来ている見物衆の心を揺さぶったもらいたいと思います。


二世 豊竹古靱太夫(山城少掾) 伊賀越道中双六 岡崎の段 未復刻名演集

新品価格
¥3,915から
(2017/3/26 14:07時点)


posted by chie3 at 14:02| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

三島町・会津工人まつり、日程決定!

こんなのがあった!会津ふるさと工人まつり!
​三島町に、三島町生活工芸館という施設があり、常時編み細工の工芸品の展示販売をしているそう。んー、でも遠いなぁ、なんかイベントで出てこないかなと思って見ていたら、「会津ふるさと工人まつり」というイベント開催のお知らせがありました。あ、でも、場所は三島町か(笑) 通常開館の時に行くよりは、良いものに出会えるかな。

本年の開催は、6月10・11日(土・日)だそうです!

東京から行くとすると、東北新幹線で郡山回りか、上越新幹線で浦佐回りか、東武鉄道で会津田島の日光口から攻めるか!​です。
当日は大変混み合うので、自家用車は全く勧めません。公共交通機関を利用しましょう。
おいらは当然、リバティ会津に乗って会津田島から攻めかかります!その前に、旅費を捻出せねばいけませんが……。

一泊二日だとちょっと忙しいなぁ。少し計画練り直すか。
posted by chie3 at 14:22| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

文化デジタルライブラリー

こんなのあったんだ!
文化デジタルライブラリー

運営は、独立行政法人日本芸術文化振興会。
国立劇場の運営とかしてるとこですな。
このサイトの「学ぶ」の中で、文楽の床本とか縦書き改行付きで読めます。
全段あらすじとかも読めて便利便利。
月末に「伊賀越道中双六」見に行く前に、全段の話を把握しときたい、でも床本全部読むの大変!思ってた時だから、助かったわ〜。
問題は、Javaを使ってるせいか、iPhotoだとトップからうまくリンクしてくれないこと。
検索かけて直リンクなら辿り着けるんだけどねー。
なんとか改善してくれないかな。

posted by chie3 at 08:11| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

立派な立女形 五代目中村雀右衛門丈

今月の歌舞伎座夜の部、三つ目の狂言は「助六所縁江戸桜」。
助六は当然、当代随一の助六役者、市川海老蔵丈。
いやーもう、「助六」はすっかり他の人ができなくなっちゃったね。
揚巻は五代目雀右衛門丈。
昨年3月に雀右衛門を襲名。すっかり芸様が大きくなっております。
正直な話、芝雀時代は二番手のイメージだったんですよ。
玉三郎丈やら福助丈やらいない時の二番手役者。
人は良さそうだけれど劇場を圧倒するような大きさがない。
そう思っておりました。
が、今月の揚巻を見てすっかりイメージが変わりました。
どうしてどうして。海老蔵の助六を向こうに回して立派な揚巻。
助六、揚巻、髭の意休と並んでもなんの遜色もないどころか、他二人を食いかねない包容力を見せてくれました。
福助丈がなかなか復帰できず、玉三郎丈が自分の世界を構築してなかなか歌舞伎座への出演がない中で、この成長ぶりは楽しみなところ。
お父さんを越える、歌舞伎座を支配するような大きな立女形に育ってくれることを期待しています。
posted by chie3 at 08:25| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

密閉性のあるタンブラーが欲しい

さよなら歌舞伎座の時に買った、江戸紫に「きょうげんづくし」と書いてあるタンブラー。
ずっと愛用していたのだが、最近特に液漏れがひどい。
持って歩いているだけで、蓋の継ぎ目からタラタラ漏れてくる。
もう寿命なのかな。
こういったもんに、寿命ってあるのかな。
プラスチック製で軽くパッキンが付いている程度だから、劣化も早いのかもね。
そんなわけで、新しいタンブラーを物色中。
お酒も入れられるしっかりした奴が欲しいのだが、なんかいい奴ないかしらん。
posted by chie3 at 07:49| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

四月 夜の部 感想

福山のかつぎの巳之助よかった。
posted by chie3 at 23:05| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今夜は歌舞伎座

河東節もたっぷり聞いたので、「助六」の予習もばっちり。
「引窓」の床本を読みながら向かう。
posted by chie3 at 15:19| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

桂川連理柵

床本の帯屋の段、読了。
最後に出て来てお半可愛い。
そりゃ衝動的に追い駆けてまうわ。
posted by chie3 at 20:48| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月の歌舞伎座

チケット取りました。久しぶりに昼夜通し。昼の部。猿之助が伊勢音頭恋寝刃で仲居万野を演じる影響で、チケットはかなり取りにくかったです。夜の部の藤十郎「桂川連理柵」も見たことない演目で楽しみ。

posted by chie3 at 08:39| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

練馬「線香花火」 練馬に昼酒のできる居酒屋が出現!

昼酒がブームです。

通常居酒屋は17時オープンが多いわけですが、最近徐々に昼酒のできる店が増えています。

前は一部の特殊な店だけだったんですけどねー。

練馬においても例外ではなく、ここ「線香花火」さんも平日15時から。土日祝はなんと12時からオープン!

ランチビールどころか、ランチ日本酒やランチホッピーが楽しめてしまうわけです。

ホッピーセット350円。中185円も嬉しいところ。

つまみも安く、平均取ったら200円前後じゃないかな。

最高値は豚すき焼き450円です(笑)


この日頂いたのは、


C6C8D280-38CD-4AC1-93FB-F6CE2B4E41DC.jpg

ホッピーセット


0BBCED4F-5D13-4449-B0E2-9E143C8E84DD.jpg

かき揚げ サクサクでうまい!


A19D07D0-10F8-4F8A-998B-FE2FD369E6E6.jpg

れんこんきんぴら しっかりした味付けで酒に合う!


​かき揚げは塩でいただきました。

太めに切られた具材がホッピーにぴったり。

日本酒バーの経営らしく、少ないながらも気の利いた日本酒がリーズナブルに飲めます。

冬は暖房が効いてるのもグッド。

練馬の飲み助の気持ちをがっちり掴んじゃうね。こりゃ。



posted by chie3 at 16:23| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

来月は俳優祭!?

染五郎丈のブログより。

http://ameblo.jp/someiro/entry-12247727528.html


​話題は国立劇場に出演したピコ太郎さんと、邦楽版PPAPなのですが、最後に「来月は俳優祭が開催されます!」の一言が。

開催? 発表の間違い?

てゆーかフライング発表?

あっという間に消されるかなと思っていたけど、まだブログ記事は公開中ですね。

どうなるんだろう?

posted by chie3 at 06:04| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

芝居見物

今日は歌舞伎座夜の部芝居見物でした。
感想は後ほど。
posted by chie3 at 22:06| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

「女形の美学〜たおやめぶりの戦略」読み始めました。

愛読している歌舞伎サイト「歌舞伎素人講釈」でお馴染みの山本吉之助さんの本「女形の美学〜たおやめぶりの戦略」を読み始めました。
「歌舞伎素人講釈」では一般的な歌舞伎入門書に書かれている解釈から一歩進んだ解釈を提示していて、歌舞伎見物の際には大変参考にさせて頂いております。
まだ半分程ですが、歌舞伎の中の「女形」の位置付けが、やはりこれまで見聞きしていた解釈とは一線も二線も違っており、また新たな見方ができそうです。
今は後半、各演目の解釈の所を読んでいます。
posted by chie3 at 07:54| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

2017年01月歌舞伎座 昼の部 感想

充実の昼の部。
染五郎の「将軍江戸を去る」で幕開き。
愛之助の「大津絵道成寺」で早変わりを堪能し、最後は吉右衛門の「伊賀越道中双六 沼津」で泣かされる。

「将軍江戸を去る」
歌舞伎の底力を見せられる幕開きの寛永寺前の場は良いのだが、あとはやはり好みに合わない。
誰でもそうなのだが、慶喜の台詞の語尾が伸ばしすぎ。
なんだか芝居が間延びする。

「大津絵道成寺」
愛之助の女型は初めてみたけど、綺麗じゃん!
女型もいけるじゃん!
五役を早変わりで勤めるが変化が鮮やか。
若いから瞬発力もあるんだよね。
「大津絵仲間」の台詞にはニヤリとさせられた。
出てくる人物はみんな大津絵の題材。
蛇体が僧形の鬼なのね。
予め大津絵について予習しておいてよかった。

「伊賀越道中双六 沼津」
吉右衛門が若い!いい男に見える!
いっつも千本松原は寝てしまう「沼津」ですが、今回は初めて通して起きてられました。
「落ち着く先は相州相良」もキッパリとしていて良かったな。
充実の舞台とは、こういうことなんだろうなぁ。
posted by chie3 at 08:20| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

2017年 01月歌舞伎座 予習



渡辺保氏の劇評が出ていた。

http://watanabetamotu.la.coocan.jp/REVIEW/BACK%20NO/2017.1-1.htm


将軍江戸を去る


染五郎の徳川慶喜。

苦手な演目である。

それは自分の慶喜の評価と芝居の慶喜がぴたりと来ないから。

史実の慶喜を塗り替えるような慶喜像を期待したい。



大津絵道成寺


愛之助五変化とある。

愛之助が五つの役を早変わりで踊り分ける様だ。

肩の力を抜いて楽しみたい。



伊賀越道中双六 沼津


3月国立劇場の通し上演の予習のつもりで楽しみたい。

実は苦手な演目。

後半、千本松原で必ず寝てしまう。

今回は床本を読み義太夫も聞いてから臨む。


posted by chie3 at 10:03| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら) 2017年2月歌舞伎座の予習

田中青滋 作とあるが、検索掛けても全然出てこない。
歌舞伎on tha webによると今回(2017年02月歌舞伎座)で五回目の公演。
一番古くても、1987年01月の歌舞伎座
新作の所作事か。
出演は一環して中村屋。
中村屋縁の演目なのは間違いない。

posted by chie3 at 23:32| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2017年02月歌舞伎座 チケット確保終了

勘九郎の息子二人が勘太郎&長三郎の襲名披露&初舞台で、チケット争奪戦が予想された2017年02月の歌舞伎座。
なんとか制し、3階B席を確保できました。
10時発売開始。しばらくはアクセスしずらい時間が続きます。
PCとiPhoneの二台体制で攻め、結局はPCの方で昼夜確保。
来月が愉しみです。
続きを読む
posted by chie3 at 11:09| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

本日初芝居見物。 2017年01月歌舞伎座夜の部

本日、歌舞伎座にて初芝居見物。
まずは夜の部から。
演目は「井伊大老」「越後獅子・傾城」「松浦の太鼓」です。
なんと久しぶりに殆ど記憶を失うことなく見ることができました。
芝居がよかったのか体調が良かったのか。
幸四郎の井伊直弼、鷹之資の越後獅子、玉三郎の傾城、染五郎の松浦公。
どれもこれもすばらしかった。
いい緊張感が漂っていました。
それぞれ、ゆるゆると感想を書いていきたいと思います。
posted by chie3 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

平成28年7月 歌舞伎座 夜の部「鎌髭」「景清」

海老蔵による復活狂言。
歌舞伎十八番の内だが、どちらも演目としては失われているので一から作り直している。
鷹揚な歌舞伎十八番らしい荒事を目指しているのはわかるが、パッチワーク感は否めない。
それでも、新歌舞伎の後では質の違いが際立って楽しめた。
最後は大きな海老の作り物がせり上がる趣向。
馬鹿馬鹿しい限りだが、これがいい。
歌舞伎の醍醐味を堪能させられた。
posted by chie3 at 08:36| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする