2017年03月28日

レボリューション! これぞ納豆の革命だ! 「西会津町 西田屋 納豆革命」

5B66A47C-92D7-4728-8444-8C74ACB331A1.jpg


8520F1D3-6BB6-4C6D-829A-50BEA7CF4AA6.jpg


MIDETTEで見つけた新商品。

名前がすごい。その名も「納豆革命」!納豆界に革命を起こすのか。納豆で革命を起こすのか。会津大粒納豆。自社栽培あやこがね大豆使用。製造者は西会津町の「西田屋」さん。販売は猪苗代町の「国際米流通センター」さん。いやぁ、大きく出てますな。「国際」ですよ。猪苗代から世界に打って出る気満々ですよ。この場合、革命を起こすのは「西田屋」さんなのでしょうか「国際米流通センター」さんなんでしょうか。気になるところです。


西田屋さんって?

グーグルマップで当該の住所を見ると、「野沢納豆製造所」という建物が見えます。おそらくここが製造所でしょうね。明治乳業の看板も出てるので、牛乳配達業も営んでいるようです。納豆と牛乳の二足の草鞋ですな。地図をどれだけアップにしても建物の大きさは表示されません。グーグルマップの建物を見る限りでは、そんなに大きくもなさそうです。


国際米流通センターって?

こちらは、PDFで資料がありました。


http://www.maff.go.jp/tohoku/seisan/6zi_sangyo/torikumi_syoukai/pdf/kokusaikomeryutu1.pdf

http://www.maff.go.jp/tohoku/6zi_koudou/waku2navi/pdf/2kokusaikomeryutuu.pdf


猪苗代町の農業法人のようです。米の栽培を主体に、蕎麦や大豆等の栽培、豆腐、味噌、納豆なども製造もしておられるようです。猪苗代に直売所も持ってらっしゃる。うん。一度行ってみたい。だれか車出して〜


http://midette.com/6249/

2月にはMIDETTEで販売会も行ったみたいです。全然知らなかった! 伺いたいお話もあったので、是非行きたかった。また来ないかな。昨日、MIDETTEで売っていたのは、この販売会からの流れだったのですね。



いざ、実食

買って帰って早速に、開封してみました。

あやこがね使用の大粒納豆。最近の納豆は小粒流行りなので、大粒の納豆を見るとワクワクします。ご飯に掛けるより、豆の旨みをこのまま味わいたいので、練って醤油だけで頂くことにしました。



5971E7D9-A960-4E16-A6B2-A9E72B195937.jpg

練りました。


粘りがしっかりしてて粒が重い。それほど醤油を入れなかったのですが、旨みも塩気も強く感じます。


しっかり噛んで味わいたいところですが、ツルツルと滑って喉の奥に流れ込んで行きます。これも納豆の醍醐味。しかも粘りが強いせいかこのまま羽衣でも織れるじゃ、ないかというくらいの糸の引きよう。お酒のおつまみにしたらツルツルツルツルゴグってなもんです。



恐らく、「国際米流通センター」で自社栽培した「あやこがね」を使って「西田屋」さんが納豆を作り、「国際米流通センター直売所」等で販売しているという流れなんでしょうね。納豆の製造の腕前を見込まれて委託されているということでしょうし、西田屋さんは独自で商品展開はしてないんでしょうかね。気になるところです。


posted by chie3 at 13:14| Comment(0) | 会津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三春町発信の豆腐屋さん!大畑屋食品 油揚げ(辛いあげ棒)を頂いてみた!



C87E845C-1BC8-450E-9333-9814942DAA95.jpg


MIDETTEにて買った新商品。見た目的には「栃尾揚げ」に近いですな。三春町に馴染みはないんですけど、油揚げで有名なのか? 一味唐辛子を使って辛味をプラスした商品です。とりあえずシンプルに焼いて鰹節で食べて見ました。


07E21916-4F25-4759-9CA5-6FED1F26B996.jpg

どーん!


うーん迫力ある。端を一切れ食べ見たけど、塩気はないので醤油などかけてお召し上がり下さいという感じです。


表面カリっと焼き上げるとカリサクフワな食感で箸がお酒が止まりません。

あっという間に完食。

食べてから、カロリー考えると半分にしとくんだったと後悔しました。



メーカーは大畑屋食品さん。

公式サイトも持っておられます。通販もしてるみたいですね。商品カテゴリーを見ると豆腐、油揚げ等の定番商品の他にもスイーツとかもあるみたい。「TO-FU Cafe おおはたや」というカフェも営業されております。場所は三春町ですが。ここに行けば、豆腐とかも買えるのかな。

近くに、「福島ガイナック 空想とアートのミュージアム」とかありますな。こちらも興味がある。 三春ダムの近くだし、これからの季節は枝垂れ桜を見た後に立ち寄るのもいいでしょう。枝垂れ桜は人が来すぎて牛歩戦術状態らしいですが。電車で行くのはちょっと大変そうなので、行くとしたらなんとか車を仕立ててですかね。


でも、車で行くとお酒が飲めない……(笑)




大畑屋食品

TO-FU Cafe おおはたや

住所: 福島県田村郡三春町西方字石畑253番地

TEL.0247-62-1113

公式サイト: http://www.oohataya.com


空想とアートのミュージアム

福島ガイナック 福島さくら学遊舎

住所: 福島県田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213番地

開館時間: 10:00〜17:00

公式サイト: http://fukushimagainax.co.jp


三春 滝桜

所在地/福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地

開花期/例年4月中旬から下旬

樹齢/1,000年以上(推定)

指定/国天然記念物(大正11年10月12日、内務省告示第270号)指定名称「三春滝ザクラ」

三春町のサイト: http://www.town.miharu.fukushima.jp/soshiki/7/02-0101setumei.html



posted by chie3 at 08:15| Comment(0) | 会津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本橋ふくしま館MIDETTEはどうしてこうもテンションが上がるのか

日本橋ふくしま館MIDETTEに行って来ました。うちの米は全てMIDETTEで買ってるんですけど、米だけのつもりがついつい買いすぎちゃうんですよね。普段スーパー行っても、「あー魅力的な商品ないなー」となって買わずに出て来ちゃったりするんですけどMIDETTEは別。あれもこれも欲しくなって、ついつい籠を一杯にしてしまいます。どうしてなんだろうと、個人的に考えてみました。


1、常に新しい発見がある。

今回もそうだったんですけど、MIDETTEは常に新しい発見があるんです。「あ、これ見たことない」「あ、これ食べたことない」「あ、このメーカーこんな商品出したんだ」と。初めて食べるものはワクワクするもの。まだまだ福島県内でも知らないものがあるんだという新鮮な驚き。ついつい手にしてしまう訳です。


2、まずは一杯飲ませてくれる

MIDETTEでは、常時日本酒の飲み比べをやっております。3種類500円のセットとプレミアム2種類700円のセット。簡単なおつまみ三種盛りもあるので、軽くほろ酔いにさせられるのです。そのまま買うお酒の試飲代わりでもいいですし、知らないお酒との出会いを求めてでもいいですし、MIDETTEに行ったら、まず飲み比べでホッコリしてみることをお勧めします!そうすりゃワクワクも止まらないってなもんです。


3、適度なコンパクト感

MIDETTEは福島県の物産館なので、最近のメガスーパーなんかと比べるとそれほど広くはないです。そんな中にも米ありお酒あり、野菜あり乳製品あり、お菓子あり工芸品あり、イートイン休憩コーナーありと、様々な物が詰まっている上にスペースもゆったり使っているので落ち着いた気持ちで買い物ができるのです。一通り見て疲れたら奥のイートインスペースで休むもよし。ちょっとお菓子やアイスなど買って寛ぐもよし。日によっては期間限定で福島県の飲食店が出店してラーメンや丼物が食べられたり、前述のお酒が頂けたり。あれもこれもいうディスプレイではないので、商品の吟味もゆったりできます。人間、選択肢が多すぎるとどれも選べないものです。MIDETTE程度の商品ラインナップが、買い物をするには丁度いいのです。



わが故郷、という贔屓目を差っ引いても、MIDETTEには福島県の魅力が詰まっています。来月には3周年。記念のイベントも開かれます。ぜひこの機会に足を運んで下さい!




日本橋ふくしま館MIDETTE

住所: 東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1F

電話: 03-6262-3977

営業時間: 平日 11:00〜20:00、土日祝日 11:00〜18:00

公式サイト: http://midette.com


posted by chie3 at 06:43| Comment(0) | 会津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

1000文字の記事を目指して

​1000文字

原稿用紙にして2枚半。区切りとしてはいい文字数なのかもしれない。最近は一つの記事を三つに区切って書くことにしているが、今度は文字数も気にしてみようかと思う。目標は1000文字。そのために、「TEXT EVER」というアプリを愛用している。Evernoteのアプリなのだが、動作が軽快で文字数が表示される。これが一つの目安となるのだ。一区切り300文字も書けば、だいたい1000文字に達するはず。あとは水増しにならず、いかに濃い内容をかけるかだ。1000文字程度で水増しになっていてはダメな気もするが。


TEXTEVER

自分は文書の管理などを全てEvernoteで行なっているが、その前の文書入力はTEXTEVERで行う事が多い。有料アプリだけど、その価値は十分にあると思う。今は840円だけど、タイミングがよければ割引になってるかも。


1000文字は通し(笑)

無造作に書き進めて見たけれど、500文字も行かないでやんの。コラムニストの道は遠いね。うん。がんばるよ。

posted by chie3 at 08:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーブレイク

会社に来て、まずすることは一口のコーヒー。これで気持ちを切り替えます。ドリップ式のコーヒーサーバーがあるので、コーヒーとお茶はいつでも飲み放題。これはありがたい。
​カレー屋のコーヒー
​そういえば昔、神保町のカレー屋で食後にほんの一口のコーヒーを出された事がある。「なんだよ。ケチケチすんなよ」とその時は思ったが、今だとわかる。忙しいランチタイムに長々とコーヒーを飲まれては店も迷惑だしこっちもそんな悠長な時間はない。一口のコーヒーでサッと気分を変えて「ごちそうさん」できた方が、双方にとってメリットというものだ。少ない量のコーヒーは職人の町ならではの気遣いというものであろう。

しばらく神保町にも足を運んでない。
平日休み取ってふらりと出かけてみようか。
ランチタイムで忙しいカレー屋でもいいが、昼下がりの蕎麦屋で一杯やるのもまたいいな。
posted by chie3 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の雷

どちらかというと、春の雷か。

どこか遠くで雷が鳴っています。
予報でもしっかり雷マーク。
雪マークも出てるから同時に鳴ったら面白いのに。

「剣客商売」にそんなタイトルの話があったと思ったけど、あれは春の嵐……。
posted by chie3 at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つがもねえ

​「つがもねぇ」
モヤモヤさまーず2でお馴染みのこのセリフ。主に大竹さんが歌舞伎メイクをした時に発します。なんとなく古い言葉っぽいけど、歌舞伎では聞いたことないな、と思っていたら助六のセリフにありました。さすが大竹さん。最初に発した時も剥き身隈でしたし、もしかして助六を見たことがあるのかもしれません。

​どういう意味?
​気になって意味も調べたのですが、これが掴み所がない。とあるサイトでは「途方も無い、とんでもない、ばかばかしい」「たわいない、とるにたりない」「はなはだよい」とあります。時代によって意味合いが微妙に違いそうだし。そう意味でこの言葉をチョイスした大竹さんの言語感覚はさすがの一言です。

​掛け持ち
​そういえば、今月、国立劇場で「お谷」を勤めた雀右衛門丈は歌舞伎座の「助六」で揚巻との掛け持ち。こういう事ってあるんですね。「岡崎」が終わったら大急ぎで顔を落として車でGO!ですかね。いやはや、歌舞伎役者さんは大変だ。



posted by chie3 at 06:48| Comment(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪予報

​寒い朝
​雨がゴウゴウと降っております。気温は3度だけど、それより寒く感じる。今朝は布団から出るのが辛かったです。何気なく天気予報を見たら雪予報も出てる。そこまではならないでしょうが、そのくらい寒いということですね。一昨日の伊賀越道中双六、「岡崎」の場面は雪の中でした。寒中に赤子を抱いて野宿をせねばならない気持ちはいかばかりでしょう。そんなことをしたら子供が死んじゃうと思うのですが、昔は普通だったのでしょうか。村には流れ者を留めてはいけない、軒を貸すことも許さぬという雰囲気が漂っていました。あれを見て、江戸時代の人は違和感を覚えなかったということでしょうから、ああいったものだったのかもしれません。

​午後には止みそう
​この雨も午後には止んでくれそうです。帰りは傘の心配はなさそう。気温も8度位までは上がるみたいです。昨日と同じ位までは上がりそう。寒さの心配もしなくてよいですかね。

天命思い知ったるか〜!
「伊賀越道中双六」は敵討ち物です。敵討ちの醍醐味は、艱難辛苦に耐え忍んだ主人公一派が、遂に敵に留めを刺すところ。決め台詞は「天命思い知っるか〜!」で、首に刃を突き立て頸動脈を跳ねます。見取りだと大詰めは滅多に掛からないので、通しで見た一昨日の「伊賀越道中双六」では、存分に堪能させていただきました。歌舞伎のよくある台詞で好きなセリフは「天命思い知っるか〜!」です。
posted by chie3 at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

池袋を彷徨う

​日曜夜のお散歩
​無目的に池袋に出てフラフラとお散歩。
本屋に寄って気になる居酒屋の前まで行ったりして。雨が降るなかフラフラと。

​回転寿司で腹を満たす
​結局、均一料金の回転寿司で腹を満たす。寿司はうまかったし少しテンションも上がった。ここまでノンアルコール。

​そこからもうひとふらり
​ああ、このラーメン屋なくなったんだ。一杯やろうかと思った店は日曜休みか。日本酒の安いあの店、席は空いてるけど予約でいっぱいなんだろうな。とりとめもなく考えながら、駅まで戻って電車に乗る。地元で一杯、飲んで帰ろうか。
posted by chie3 at 20:12| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いどころなくて街を彷徨う夕べ

1日家にいるとダメですな。酒を求めて夜の街に出ました。
​​​雨降りなので、1日中家にいました。なんだかダメですな。酒を求めて酒場放浪の旅に出かけます。

​目指すところは、どこなのだろう。
​駅前辺りでサクリと飲めれば良いのだけれど、わが町にそういう店がないのです。いやあるにはあるのですが、チェーンだったりお酒と肴のバランスが悪かったり。とかくここだというお店を思いつかず、電車に乗りました。

​寿司屋の持ち帰り寿司に惹かれつつ
​二つ隣の駅で下車。大衆な酒場があったとは思ったのですが、入り口を見てパス。思ったより高そう。近くの寿司屋で持ち帰り寿司の安さと豪華さに惹かれるも、やはり今日は外飲みの気分だと諦め再び電車にのる。
さて、今夜はどこで腰を落ち着けるのだろうか。
posted by chie3 at 18:15| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする